【体験談】キャバクラで800万円の借金を作り、弁護士に依頼して自己破産

MENU

【体験談】キャバクラで800万円の借金を作り・・・

こんにちは、当サイトの管理人です。

 

今回は、自己破産した男性の体験談をご紹介します。

 

キャバクラのための借金が・・・

42歳、男性、職業 会社員、埼玉県行田市に住んでいます。

 

10年以上前になりますが、一時期出会い系サイトにはまっていて、デートの約束まではこぎつけるもののなかなか会えずにいました(今思えばたいてはサクラだったと思います。)

 

そんな時、半分やけくそのように1件のキャバクラに行きました。たまたまついてくれた子が可愛かったので、そこからほぼ毎日遊びに行くようになりました。(1つのお店でラストまでいました)

 

そしてキャバクラで遊ぶことを覚え、仕事で出張に行った際も地元のキャバクラや風俗などの夜遊びにお金をついやしていました。特に最初に行ったお店の子とはお店以外にも一緒に遊びに行ったり、彼女の誕生日などにはプレゼントをあげたりと完全にはまっていました。

 

そのため、最初は遊ぶお金がほしくてカードローンなどに手を出していましたが、家族にばれないようにするため、次第に借金を返済するためにローンを組んだりと自転車操業のように借金が膨らんでいきました。

 

借金が合計7社800万円まで膨らんで・・・

銀行のカードローン1社、クレジットカードのキャッシング1社、消費者金融5社(うち1件は家を担保に借りていました)

 

最終的には借入額が約800万円になり、最終では毎月25万を返済。当時の年収は約400万円でした。

 

結局、弁護士に依頼をして自己破産の手続きをしていただきました。

 

依頼した弁護士は、地元の相談所に行ったところ紹介していただき知ることができました。

 

何社か紹介していただきましたが、すぐに話を聞いていただき、対応していただいたのでそこに決めました。

 

自己破産の費用は50万位でした。

 

自己破産までの流れ

弁護士の指示に従い、借り入れの明細の提出と、約半年間の家計簿の提出、個人資産の提出などを行い、自己破産の申告を行いました。

 

自宅を担保にしていた借金は親が私の為に貯めていた生命保険の掛け金を解約して返済しました。

 

銀行は財形貯金を使い返済、消費者金融に至っては2度裁判所へ行きました。

 

結果は、受理され弁護士からいただいた返済計画に沿って3年をかけ支払いました。

 

私は夜遊びの為に借金を増やしていきましたが、世間ではギャンブルの為になどもよく聞きます。

 

自己破産してみて・・・

自分ではいつかは返せると思いどんどん借金をして最終的に返せないところまで行ってしまうことがほとんどだと思います。

 

また借りるときは簡単に借りられてしまうため、安易に借りてしまい、自分の返済能力以上まで借金が膨れ上がってしまうのだと思います。

 

自分の収入額をきちんと見極め、自分の許容範囲の中でお金を大事に使うことが必要だと思います。それが出来なかったときは家族や周りの方々に迷惑をかけるだけでなく信用すらなくなっていき、取り戻すには相当の努力をしていかないといけないからです。

 

自己破産申告の申請を弁護士に頼んでから終わるまでは、本当に肉体的にも精神的にも疲れました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の体験談は以上になります。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧