民事再生(法人、個人再生)についての記事一覧

MENU

民事再生・個人再生について解説!

借金の民事再生・個人再生について解説した記事の一覧ページです。債務整理の1種である民事再生の費用や料金、手続きの流れ、その後の影響、弁護士・司法書士・法律事務所への相談方法や報酬、個人と法人・会社の違い、メリット・デメリット等などを解説しています。

 

ちなみに、民事再生は個人でも法人でも行えますが、個人が行う民事再生について「個人再生」「個人民事再生」などと呼んでいる場合があります。

民事再生(法人、個人再生)についての記事一覧

民事再生(個人再生)とは、任意整理や特定調停で解決できない場合に検討される再建型の手続きで、破産手続き一歩手前の人向けのものと言えます。民事再生法に基づいた手続きを行う方法で、以前は経営の苦しい企業(法人)が債務整理を行い再建するために使われる手続きでした。そのため、民事再生というと企業の手続きというイメージがありますが、個人でも破産のデメリットを避けるためにニーズが高まり、民事再生を使って個人の...

個人再生(民事再生)という言葉は聞き慣れない方も多いと思いますので、まずは一体何の事かというご説明から始めます。個人再生(民事再生)とは、債務整理の1つであり、大幅な債務圧縮が可能な法的な制度です。ここで重要な事は法的な制度という点です。例えば、任意整理では債権者が首を縦に振らなければこちらの支払い可能額を受け入れてもらえません。また、特定調停という裁判所に仲介に入ってもらう制度においても、裁判所...

個人再生(民事再生)とは、債務整理の方法一つで、住宅などの不動産を手放すことなく債務を整理することが出来る制度です。そもそも、債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生(民事再生)・自己破産の4種類があります。中でも、個人再生(民事再生)は自己破産の一歩手前の人が行う債務整理の方法となっています。それでは、個人再生(民事再生)のメリット・デメリットを見ていきましょう。

個人再生(民事再生)は債務整理の1つです。他にも、特定調停、任意整理、自己破産という債務整理がありますが、今回は個人再生(民事再生)後に住宅ローンを組みたい場合を考えていきましょう。まずは、個人再生(民事再生)について簡単な解説をします。先程もお伝えしたように、債務整理を行う方法の一つです。裁判所に認めてもらい債務の圧縮を行うわけですが、基本的には債務は約5分の1に減額されると思っていいでしょう。...

再生債務者とは債務整理に関する法律用語で、経済的に困窮状態にある債務者で、その者について、民事再生などの再生手続きの申し立て、かつ、再生手続き開始の決定がなされている者、もしくは再生計画が遂行されている者をいいます。つまり個人、法人を問わず、経済的な破綻が予想される場合、裁判所に再生(再建)計画を提出して民事再生の手続きを行い、裁判所が債権者の多数の同意を得ている。かつ、裁判所の認可を受けた、再生...

こんにちは、当サイトの管理人です。今回は、債務整理(民事再生)をした男性の体験談をご紹介します。遊ぶ金欲しさに借金を重ね・・・私は今年で29歳になる岩手県北上市在住の男性です。現在は、岩手県盛岡市でシステム営業を行っております。私が民事再生をした時のことを少しお話したいと思います。19歳の時に、当時アルバイトをしていた某大手牛丼チェーン店で店長をすることになり、専門学校を中退。20歳で結婚し、23...

こんにちは、当サイトの管理人です。今回は、会社の民事再生を行った男性の体験談をご紹介します。民事再生に関わることになったきっかけは・・・私の体験談ですが少し変わった民事再生になります。年齢は45歳・男性で現在は会社員、住まいは名古屋になります。民事再生は最終的に金融会社による借金ではなく詐欺による事前民生となります。この経緯の理由は私の知識が無知だったのと、幸いにも実印を押すのをためらったのが幸い...