債務整理の費用について。弁護士・司法書士の料金相場は?

MENU

債務整理に必要は費用は?弁護士・司法書士の料金相場は?

 

債務整理は借金を返済するための方法ですが、債務整理をするためには借金とは別にお金がかかります。

 

「お金がないから借金をして困っているのに・・・」と思われるかもしれませんが、弁護士や司法書士へ支払う料金はそれほど大きなものではありませんし、債務整理をした際に減額される借金の総額などのメリットを考えると、費用対効果はとても良いものになっています。

費用と料金の一覧

ここでは、債務整理に必要な費用と料金の相場について分かりやすくまとめましたので参考にしてください。

 

これらの費用や料金と言うのは債務整理の内容によっても変わりますし、債務整理を依頼する弁護士事務所や司法書士事務所によっても違います。

 

このページの解説や相場をあくまでも目安として考えてください。

 

相談料

弁護士や司法書士は、普通は相談しただけで料金が発生します(1時間3千円など)。しかし、債務整理に関しては、ほとんどの事務所が無料相談を行っているため、実質、相談料は0円と考えて問題ありません。

 

弁護士や司法書士には守秘義務がありますので、家族や会社に秘密にしたい場合も安心して相談することができます。

 

着手金

着手金とは、弁護士や司法書士が実際にあなたの借金問題を解決するために業務を始めた段階で支払う料金です。
着手金が無料の法律事務所もありますが、任意整理の場合で1社当たり2万円〜、民事再生(個人再生)の場合で30万円〜、自己破産の場合で20万円〜、と結構大きな金額がかかります。
無料の方が嬉しいのは事実ですが、着手金が無料の事務所の場合、成功報酬などに費用が上乗せされていることもありますのでご注意ください。

 

成功報酬(報酬金)

債務整理が無事終了した際に支払うことになる料金を成功報酬(報酬金)と言います。依頼する弁護士事務所や司法書士事務所によって料金体系が違うので、平均的な金額を表示するのが難しいですが、任意整理の場合で1社当たり2万円〜、民事再生(個人再生)の場合で50万円〜、自己破産の場合で40万円〜、くらいを見ておけば大丈夫だと思います。

 

減額報酬

減額報酬とは、債務整理を行い借金の返済額が減額された場合に支払う費用を言います。多くの場合、減額された借金額の10%程度です。

 

過払い報酬

過払い報酬とは、債務整理をした結果として過払い金があることが分かり、返済済みの借金が返還された場合に、成功報酬として支払う料金を言います。返還された金額の20%前後を費用として支払う場合が多いです。

 

経費

交通費などの費用です。出張相談をしている事務所もありますが、場合によっては出張相談料0円ということもあります。

 

印紙代

法的な書類には印紙を添付することになります。経費として計算する事務所もありますが、別途考えておいた方が良いでしょう。

債務整理の費用や料金は高いのか?

債務整理をしたい人は、基本的に借金が膨れ上がり、お金に困っている人です。しかし、上述の費用や料金を見ると、20万円や40万円など、かなり高い金額が目に入ります。

 

特に、任意整理の費用は、「1件2万円〜」という料金設定のため、弁護士や司法書士に相談する際に、費用を節約するために全部の借金を伝えない方もいます。

 

ところが、多くの場合には節約しようと全ての借金を伝えなかったために、後で残っていた借金が原因で自己破産してしまうケースも少なくありません。

 

せっかく、借金地獄から解放されたいと思って債務整理をするのであれば、きちんと全てを弁護士や司法書士に開示することをおすすめします。

 

金額だけ見ると費用や料金が高いという印象を受けるかもしれません。しかし、基本的に債務整理によって減額されたりする金額よりは安いのが普通ですので、債務整理はメリットの方がデメリットより大きいと言えます。

 

また、難しい手続きや、債権者を相手にしたハードな交渉など、自分一人ではできないことを行ってくもらえるのも大きなメリットです。

 

債務整理は、借金を整理して完済するための方法です。そのため、一見すると高いと思える費用や料金ですが、その費用や料金を含めて完済のためのプランを立ててくれますので安心してください。

自己破産における費用と料金

自己破産は、「借金を返せません」と宣言することですから、弁護士や司法書士に支払う費用や料金は持っていないと心配になる人もいるかもしれません。

 

しかし、基本的に弁護士や司法書士に支払う費用と言うのは、法律上では、借金よりも優先して支払う仕組みになっているため、抵当権の上位に来るのです。

 

そのため、自己破産の手続きを行う弁護士や司法書士は、借金を整理する際に行う資産処理の際に優先して費用を回収することが出来ます。

 

ですので、例え手元にお金がなかったとしても自己破産の依頼をすることは可能です。

 

「お金がないから自分でやろう」と考える必要はありませんので、弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。

 

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?