MENU

債務整理の方法と意味について

 

最近、大きな法律事務所がテレビCMをするようになったので、債務整理という言葉を聞いたことがあると思いますが、その方法や意味についてきちんと知っている人は少ないようです。

 

そこで、このページでは債務整理の方法や意味について分かりやすく解説して行きたいと思います。

 

まず、理解して欲しいのは債務整理の意味です。

 

当たり前のことなのですが、債務整理とは文字通り「債務(借金)を整理する」という意味です。

 

債務整理と聞くと普通は、何か難しい法律用語のように聞こえてしまいますが、単純に借金を整理すると言う意味ですから、どんな方法であっても借金を返済しようとすると債務整理になります。

 

この債務整理には一般的に次の4つの方法があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産

それぞれの方法には特徴がありますので、順番に説明して行きましょう。

債務整理の方法

どの方法を選ぶかについては、あなたの状況によって異なってきますが、それぞれの意味を解説して行きます。

 

任意整理
弁護士や司法書士に依頼する債務整理の方法です。抱えている借金が比較的少ない人が行う方法です。借金の催促や取り立てがすぐに止まるのでおすすめです(※任意整理の手続きを始めた段階ですぐに取り立てがストップします)。

 

特定調停
裁判所で行う債務整理の方法です。自分で出来るため費用を抑えることが出来ますが、専門知識が無いと行うことが出来ません。また借金の催促や取り立ては止まりません。

 

民事再生(個人再生)
自己破産一歩手前の人が行う方法です。自己破産と違い土地などの不動産を手放すことなく債務整理が出来る方法です。

 

自己破産
借金をチャラにする方法です。最終手段ですからリスクもあります。そのため、自己破産をする前には、本当にこの方法で良いのか慎重に考えなければなりません。

どの方法がベストか?

「債務整理=自己破産」という乱暴なイメージを持っている人も多いのですが、実際には自己破産する必要がないケースも多いです。

 

また、「自己破産=借金チャラ」というイメージもあるので、安易に自己破産をしようとする人もいますが、自己破産をしても裁判所に認めてもらえなければチャラにならないので注意が必要です。

 

どの方法が自分にもっとも合っている債務整理なのかは弁護士や司法書士に相談してしまうのが手っ取り早くておススメです。

 

特に、最近では無料で相談できる法律事務所も多いので検討してみるといいでしょう。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?