MENU

債務整理の影響について

 

多重債務を抱えた人にとって、素早く借金地獄から抜け出す方法として人気の高い債務整理ですが、借金地獄から抜け出すことが出来たり、債権者からの取り立てがストップしたりと多くのメリットがあります。

 

しかし、ここでは債務整理するとどのような影響があるのかという事をデメリットも含めてきちんと説明して行きたいと思います。

 

まず、債務整理には大きく分けて4種類あります。

 

それは、任意整理、特定調停、民事再生(個人再生)、自己破産の4つです。

 

それぞれの影響が違いますので、それぞれを詳しく見て行きたいと思います。

任意整理と特定調停の影響

まず、任意整理と特定調停についてみていきたいと思います。

 

任意整理とは、弁護士や司法書士が債務者に代わって債権者である金融機関と交渉を行い、利息返済の猶予や返済プランの軽減などを目指すものです。

 

特定調停とは、裁判所の調停員が債務者と債権者の間に入って、利息返済の猶予や返済プランの軽減などの調停を行う手続きです。

 

この2つは、手続き自体も似ているため、最終的に与える影響はかなり似ていると言えるでしょう。

 

具体的には、信用情報機関に債務者の借り入れに関する事実が金融事故として記載されます。

 

信用情報とは、ブラックリストと言われる場合もありますが、簡単に言うと、個人の金融取引に関する情報で、ローンやクレジットカードの支払いが遅れると事故情報として掲載されます。

 

この信用情報機関にこのような情報が登録されてしまうと、その後の一定期間(5年〜10年)は、お金が関係した取引が難しくなってしまいます。

 

例えば、住宅ローンや車のローン、学資ローン等です。

 

また、クレジットカードも契約できませんし、通信販売などの分割払い、携帯電話の分割払いも審査が下りない場合がほとんどです。

 

任意整理では以上のような影響がありますが、特定調停では影響が1つ増えます。

 

特定調停は裁判所を通じて行う契約ですので、債務者の責任も重く、支払いが滞納すれば即給与を差し押さえされる可能性があります。

 

この点が特定調停と異なり重い影響を受けます。

民事再生(個人再生)と自己破産の影響

次に民事再生(個人再生)と自己破産です。

 

民事再生(個人再生)とは、民事再生法に基づいて行う手続きで、不動産などの資産を処分せずに借金の返済を目指すもので、自己破産の一歩手前の手続きです。

 

自己破産とは、裁判所に破産を申し立て、免責が認められると、抱えている借金がすべてゼロになるという最終手段です。破産をしたら借金もゼロになりますが資産もゼロになります。

 

この二つは、大まかな影響は似ていますが、やはり異なる点もありますので個別に見ていきます。

 

個人再生の場合は、先ほど話に出た信用情報機関に登録されるのは同じですが、さらに債務者自身の情報が公開されます。

 

では、どこに公開されるかというと「官報」というものに公開されます。これは国が発行している広報機関紙です。これに名前等の情報が出てしまいます。

 

もっとも官報というものは一般の人が目にすることは限りなく少ないですので、そんなに影響があるかといえば、現実的には多くの人に知れ渡るという訳ではありません。

 

しかし、自分の出来れば知られたくない内容が書かれているものがあるということで債務者自身に心理的な影響があると言えます。

 

また、払えない債務については当然連帯債務者に請求が行われ、迷惑をかけます。

 

最後に、自己破産についてですが信用情報機関に登録され、官報にも情報が出ます。連帯債務者に迷惑をかけます。

 

ここまでは個人再生と同じですが、自己破産の場合は次のデメリットも増えます。

 

まず、破産者名簿に記載されますが、免責許可が出ればこの名簿から消えます。

 

また、免責許可が下りるまで一定の職業には就けません。(弁護士などの国家資格が必要な職業が主です。)そうはいっても免責許可が下りるまでおの間ですので一般的には数ヶ月程度の話ですが。

 

つまり、自己破産を申し立ててから免責が認められるまでの数ヶ月間〜1年程の状態の時に破産者名簿や職業の制限があります。

 

以上のように、それぞれの影響を考えながら債務整理に取り組みたいものです。

それでもメリットのある債務整理

デメリットもある債務整理ですが、やはりメリットも大きいものです。

 

借金地獄から抜け出すための道を作ることが出来ますし、弁護士や司法書士に依頼した時点で借金取りの取り立ても止まりますので、家族や友人、会社に迷惑を掛けたくなかったり、秘密にしておきたい人には大きなメリットになるでしょう。

 

最近は、債務整理を行う弁護士や司法書士も増えてきているので、相談だけであれば無料で行ってくれますので、利用しない手はありません。

 

一日も早く借金地獄から抜け出すためにも、一度相談してみるといいでしょう。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?