MENU

個人で債務整理をする場合の注意点

 

債務整理の中でも任意整理は自分でも行えるため、個人で任意整理に取り組んでいる人も多くいます。

 

任意整理は自分で交渉できるから便利という情報が多くありますが、本当にそんなに簡単に出来るのかを検証してみたいと思います。

 

任意整理は、債務整理の方法の中でも比較的簡単です。
簡単にその方法を説明すると、お金を借りている金融機関に自分で電話を行い、借金の減額や支払の猶予などをお願いするというモノです。

 

普通は、弁護士や司法書士などの専門家が、個人に代わって行うケースが多く、その場合には借金の取り立てなどがストップしたり、専門家が交渉してくれるので、金融機関が譲歩してくれたりすることも多いのでメリットがあります。

 

しかし、費用もかかるため自分で行いたいと言う人も多いのです。

 

個人で任意整理を行う場合、確かに、電話1本を債権者にかけるだけで整理できる場合もありますが、該当する方は借入先が少なく、少なくとも安定した収入がある方となります。

個人で債務整理をする際のメリットとデメリット

債務整理をするという事は、信用情報機関に登録されて生活をする上での様々な点で不都合が生じます。その点についてお伝えしたいと思います。

 

信用情報とは、簡単に言うと、クレジットカードやローンなどの金融取引についての情報で、支払いの滞りなどがあると事故情報として一定期間掲載されることになります。

 

この信用情報は、金融機関でお金を借りたり、クレジットカードの審査をする際に参照される情報ですので、一般の人が見ることが出来るようなものではありませんが、自己情報が掲載されている期間はローンが組めなかったり、融資に応じてもらえなかったり、クレジットカードが作れなくなったりします。

 

この事故情報は、例えば、任意整理によって月々の支払いを1,000円減額したとしても登録されます。

 

減額の程度で登録の有無がかわるわけではありません。

 

ここの部分をしっかり心に留めて任意整理をするメリットと信用情報機関に登録されることによるデメリットを考えましょう。

信用情報機関とは?

信用情報機関とは何かというと貸主である金融機関や消費者金融などが借主のお金に関する情報を確認するために利用する機関です。全国に数社有り、そこに貸主が照会して情報を得ています。

 

では、ここに登録される影響について見ていきます。

 

生活するなかでもっとも大きな影響を受けるケースは住宅ローンでしょう。住宅ローンは契約額が大きいですので、これらの情報機関に登録されていたらまず通過しないでしょう。

 

もし、数年後に家を買う予定の方は債務整理は、とりあえず行わない方向で考えるべきです。

 

先ほどの例でもお話しましたが、月々1,000円の減額で住宅ローンが通過出来ない位なら間違いなく通常の支払いを継続するでしょう。

 

次に影響を受けるのが、自動車ローンや学資ローン、事業ローンといった比較的額の大きなローンです。車などは現金でしか買えなくなりますので、交通手段に車が必要な所に住んでいる方は任意整理をする前に、この事を検討すべきです。

 

個人差はありますが、場合よってはある程度のキャッシングローンがあっても自動車のオートローンは通過する事例があるので、任意整理前にオートローンを試してみるのも方法です。

 

次に、クレジットカードを作ることが困難になることです。債務整理後3年ほどでクレジットカードの審査を通過したという話を聞いたことはありますが、あくまで例外的な話と考えたが良いでしょう。

 

現在はデビットカードが充実してきていますので、この点は便利になってきました。

 

最後は、通信販売などの分割払いです。これらは基本的にどこかのカード会社が審査にかけますので、なかなか審査に通らないようです。

 

以上のようなリスクがある事を考えて、それを踏まえたうえで任意整理の電話をかけるか考えましょう。安易に決めて後悔しないようにして下さい。

 

もし、不安であればやはり弁護士や司法書士に相談するのが良いでしょう。最近は、相談料は無料と言うところも多いので、実際に依頼するかは別として、相談してみるのも良いと思います。

 

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?