MENU

債務名義の時効について

 

金融会社から借金した時の時効は5年であり、時効の期日以降は返済の義務は免れます。

 

・但し5年の間に一度も返済していないこと。
・借金が存在していることを認めないこと。

 

この2点をクリアーしていれば時効が成立し、消費者金融会社等に借金を支払う必要はありません。

 

時効が過ぎても執拗に催促してくる場合は、司法書士か弁護士に依頼して内容証明を送ることで解決します。

 

時効は単に期間が経過しても時効の援用(主張)をしなければ成立しません。
内容証明を送ることで時効が成立します。

 

しかし余程の小額でない限り、お金を貸した方もこの辺は十分心得ているので、期日が来ないように色々策を講じてきます。

債務名義の時効を伸ばすための策

期日が過ぎた借金については、金融会社は裁判所に掛け合うことで債務名義というものを取得することができます。

 

債務名義とは、内容を問わずに差し押さえが出来る権利のことで、時効の期限が10年です。

 

債務名義には確定判決、仮執行宣言付き判決、仮執行宣言付き支払い督促、和解調停調書、公正証書などがあり、債権者が債務者の財産に対して、強制執行を行う際に必要なものです。

 

サラ金や貸し金業者などの金融会社からの借金の時効は5年です
が、借金を長年放置していた場合、債権者が裁判所の判決で、この債務名義を取得することで、時効はその段階からさらに10年延長されます。

 

時効の起算は債務名義が作成された日の翌日です。

 

5年の時効成立寸前に債務名義を取られてしまうと、実質、時効は15年、に延びることになります。

 

小額であれば、金融会社は債務名義取得による強制執行はしない場合もあります。

 

回収に掛ける費用の方が大きく、利益が見込めないようであれば、金融会社も営利企業ですから、諦めるかもしれません。

 

しかし数十万円以上となれば金融会社も民事裁判にかけて、債務名義を取得すれば回収が可能ですので、まず、時効が成立することはありえません。

 

何も財産がないから大丈夫と思っていても、給料の差し押さえがあったり、遺産を相続したときに差っぴかれたりすることもあります。

債務名義の時効の起算日

上記のように債務名義が作成された時の起算日は作成された期日の翌日で時効はそれから10年ですが、時効の起算日には種々の見解がありますのでご紹介します。

 

返済期日を定めない契約で1度も返済しなかった場合の起算日は契約日の翌日で時効はそれから数えて5年。

 

返済期日を定めない契約で1回以上返済した場合の起算日は最後に返済した日の翌日で時効はそれから数えて5年。

 

返済期日を定めた契約で1度も返済しなかった場合の起算日は最初の返済予定日の翌日で時効はそれから数えて5年。

 

返済期日を定めた契約で1回以上返済した場合の起算日は最後に返済した次の返済予定日の翌日で時効はそれから数えて5年。

 

となります。

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?