MENU

特定調停とは?

 

特定調停とは、今後の支払いが不能になるおそれのある個人(または法人)が、簡易裁判所に申し立てる手続きです。

 

裁判所の調停委員二人が債権者(貸し手)と債務者(借り手)の仲裁役となり、返済方法を交渉することが出来ます。

 

「任意整理」は弁護士・司法書士が行う債務整理の方法なのに対して、「特定調停」は裁判所が行う債務整理の方法です。

 

「任意整理」と「特定調停」はとても似ていて、一般的に、どちらも減額した借金額を三年以内に完済できるようであれば交渉が成立する可能性が高いです。

特定調停と任意整理の違い

一見すると特定調停と任意整理はとてもよく似ています。

 

表面上の違いと言えば、特定調停が裁判所の調停委員が仲裁するのに対して、任意整理は弁護士か司法書士が代理で交渉するという違いだけに見えますが、実際にはいくつかのポイントで大きく異なっています。

 

それぞれ、メリット・デメリットになりますので以下のポイントをチェックしてみて下さい。

 

自分で出来る

特定調停のメリットとして挙げることが出来るのは、何と言っても自分で出来るということです。そのことによって、費用を大幅に抑えることが可能です。

 

ただし、自分でできると言っても専門知識も必要ですし、裁判所の調停委員は中立の立場なので、有利な条件で和解するためには自分で交渉しなくてはいけません。

 

取り立てストップ

弁護士や司法書士が行う任意整理と違い、個人で特定調停を行う場合には、各債権者への連絡も自分で行うことになります。

 

ですので、手続きを開始しただけで取り立てがストップされるわけではありません。

 

任意整理は手続きを開始すれば取立てがストップしますので、この点は特定調停のデメリットです。

 

法的な拘束力

これはメリット・デメリットではなく、注意点として捉えていただきたいのですが、特定調停を行う際に調停調書という書類を作成します。

 

この調停調書というのは裁判の確定判決と同等の効力があります。そのため、特定調停が成立した後に借金の返済を滞納してしまうと強制執行(差し押さえ)を行われてしまう可能性が出てくるのでご注意ください。

特定調停と任意整理どちらがおすすめか?

特定調停と任意整理を比べると、特定調停は弁護士や司法書士に依頼せず自分で手続きを行うので、弁護士や司法書士の費用を支払わなくて済みます。

 

そのため、弁護士や司法書士の費用を払えない人にとっては、メリットがある手段です。

 

一方、基本的に本人が申請から交渉まで行うため、申請者本人の負担が大きく、最近の申請件数はかなり減っているといわれています。

 

また、弁護士や司法書士が借り手の立場で交渉してくれる任意整理と違って、特定調停の調停委員は中立の立場なので、有利な条件で和解するためには自分で交渉しなくてはいけません。

 

その結果、借金の減額が思うように出来ない、借金返済のプランで重要な分割回数の希望が通らないといったケースも多く、元々苦しかった毎月の返済額がほとんど変わらないこともあります。

 

そのため、表面的な費用の面だけで見ると特定調停の方が良いように見えるのですが、任意整理の方が費用以上に借金が減額できたりしてトータルで考えると、金銭的にも有利な場合が多いです。

 

また、自分で手続きする手間がかからなかったり、有利な返済スケジュールにできやすかったり等をトータルで考えると、任意整理の方が楽ですし安心できるというメリットもあります。

 

このような事情もあり、特定調停より任意整理を選ぶ人の方が多いです。

特定調停の特徴

特定調停の特徴をまとめると以下のようになります。

 

  1. 自己破産や民事再生のような法的な制度ではなく、民事調停の一種
  2. 弁護士や司法書士を雇う必要がなく本人が申請することができ、弁護士費用を節約できる
  3. 弁護士や司法書士が間にたって交渉を進める任意整理と似ており、任意整理を「裁判所が選任した調停委員が仲介役」となって行うイメージ
  4. あくまでも交渉によって解決策を模索するので、和解できなければ減額はできない
  5. 裁判所に選任された調停委員は、債務者側ではなく中立の立場で話を進める
  6. 調停委員が間にたって話し合いを進めるとはいっても、借り手本人は交渉に慣れていない場合が多く、交渉に慣れている貸し手のペースで進んでしまう場合もある。そのため、期待通り減額できる保証はない。
  7. 高い利息がついた債務であれば、利息カットにより減額が見込めるが、そうでなければ減額の効果は低い

 

なお、特定調停や任意整理も含め、どの債務整理の方法が自分に合っているかを知るには、弁護士や司法書士の無料相談を利用するのが便利です。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧