こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、彼氏のせいでカードローンの借金を背負った方の口コミ情報をご紹介します。

彼氏が原因で借金を作ってしまい・・・

わたしは福岡県福岡市在住27歳の女性で、仕事は看護師をしています。

今から7年前のことなのですが、当時交際していた男性が原因で多額の借金をしてしまいました。

当時わたしは成人したばかりだったのですが、実家を出て一人暮らしを始めていました。

看護学校に通いながらアルバイトをして生活費を工面していました。

一人暮らしを始めてすぐの頃から、そのときに出会った男性と交際を始めていました。

彼はわたしより6歳年上で、仕事は運送業をしていたのですが、ある日突然その仕事を辞めてしまったのです。

理由は、同じ部署の上司とそりが合わないから、というものでした。

仕事をやめた彼は・・・

彼は仕事を辞めたその日からわたしの家に入り浸り、一日中寝ていたり友達と遊びに行ったりと、自由に生活していました。

しばらくは彼の貯金をくずして生活費にあてていたようなのですが、そのお金も底をついたようで、今度はわたしにお金を貸してほしいと言ってくるようになりました。

わたしはお金を渡すことは絶対に嫌だったので、お金が必要なら今すぐ仕事を見つけてきてと伝えました。

彼は納得していない様子でしたが、渋々職探しをするようになりました。

ある日、銀行カードローンからのハガキが・・・

そんな毎日が続いた頃、わたしの家のポストに、銀行からはがきが届きました。それは、銀行カードローンの返済金の引き落としのお知らせのようなものでした。

わたしは以前、もしものときのために、と銀行でカードローンの契約をしていました。

しかし契約の手続きをしただけで、実際に融資を受けたことはなかったので何かの間違だろうと思いました。

それを彼に伝えると、彼はわたしには内緒で、わたしのカードを使ってカードローンから融資を受けていたことがわかりました。

一度に多くの融資を受けたのではなく、1回に数万円程度の借り入れを何度かに分けてした、ということでした。

借金の総額を確認すると・・・

わたしはすぐに銀行のATMで総借入額を確認すると、400万円近くなっていました。

彼に、どうしてそんなことをしたのか、この借金はどうするのかと問い詰めました。

彼は、働かずにお金が欲しかった、そこまで金額が大きくなっているとは思わなかったとしか答えませんでした。

彼には貯金も仕事もなく返済のあてもありませんでした。

借金をしたのは彼ですが、その名義は私のものなので、なんとしてでもわたしが返済するしかありませんでした。

彼とはその後話し合いをしてすぐに別れました。

彼と別れた後は・・・

彼と別れた後、わたしはアルバイトを掛け持ちしながらそのお給料を生活費と返済にあてていました。

当時のわたしの年収は400万円程度ありました。毎月の返済額は4万円でしたが、アルバイトを頑張っていたおかげでお金には余裕があったので、毎月10万円程度を返済にあてていました。

家族にも友人にも借金があることは言えず、ひとりでこそこそと仕事をして返済する毎日でした。

その後わたしは就職して看護師の仕事を始めたのですが、そのためにアルバイトを辞めなければならず、年収は学生の頃よりも少ない300万円~350万円になってしまいました。

これまでのように大目に返済にあてることはできなくなりましたが、少しずつ返済を続けていました。

その数年後、良い出会いがあって結婚することになったのですが、主人にもそのことは言えずにいました。

しかし主人は、わたしが貯金残高をなかなか正直に話さないことやお金の使い道を隠していることに疑問を感じたようで、ある日わたしの口座の履歴を見られてしまったのです。

そして、毎月カードローンの返済という名目で数万円引き落とされていることが主人に伝わってしまいました。

私の借金を知った主人は・・・

主人はそのとき初めて正直に借金の理由やこれまでの返済について話しました。

すると主人は、名義はわたしのものでもそれを背負っていかなければならないのは納得できないと、すぐに弁護士に相談に行こうと言ってくれました。

主人は自宅近くの法テラスに連絡し、相談の約束を取り付けてくれました。

わたしは、弁護士の方に話してもなにも変わらないのではないか、わたしのお金の管理の甘さのせいなのだから、親身に相談に乗ってはくれないのではないかと不安でいっぱいでした。

しかし、借金の相談だけなら無料だったので、試しに行ってみるか、という気持ちでした。

弁護士に相談をしてみると・・・

しかし、そのときに担当してくださった弁護士の方は最初から最後までわたしの話を真剣に聞いてくださり、解決するためにはどんな方法があるのか、わたし自身がどのような方法を望んでいるのかと本当に親身になって相談に乗ってくださいました。

わたしは、この方なら大丈夫かもしれない、と思い、すぐにその方の弁護士事務所に行って債務整理の手続きをしました。

弁護士の方から、自己破産と任意整理について説明を受けました。

当時わたしは土地も車もなかったですし、これ以上無駄な出費を抑えたいという主人の意向で自己破産をすることにしました。

自己破産の手続きは・・・

自己破産手続きは、弁護士の方に借金をすることになった原因や今までの返済額、返済方法を細かく話し、それを記録に残していきました。

その記録を裁判所に提出し、許可がおりればすぐに破産に進むことができました。

期間は1~2ヵ月程度だったと記憶しています。

自己破産をする際の弁護士費用は50万円程度でした。

自己破産の手続きを初めると、それまで家に届いていた引き落としのお知らせのはがきは一切届かなくなり、返済していなくても催促の電話がかかってくることもありませんでした。

破産直前に300万円程度あった借金は0になりました。完済までに何十年かかるのだろうと悩んでいたことが、一瞬で解決してしまったのです。

債務整理を経験してみて・・・

わたしは、弁護士への相談や債務整理について大きな誤解をしていました。

相談しても何も変わらない、誰も頼ってはいけない、債務整理をしたら近所中に知れ渡ってしまい生きていくのが大変になると思い込んでしました。

しかし実際はそうではなく、債務整理をしても仕事を今まで通り続けることができ、友人や隣人にその事実を知られることはありません。

それに、弁護士の方は本当に親身にわたしの相談に乗ってくださいました。

どうしてもっとはやく相談していなかったのだろうと思えるくらいです。

あのとき主人に正直に伝えていなければ、このような結果にはならず今でもひとりで苦しんでいたのかと思うと恐ろしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ情報は以上になります。

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

地域別の弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら