【体験談】銀行や消費者金融6社の借金400万円を抱えて自己破産

MENU

【体験談】銀行や消費者金融6社からの借金400万円を抱えて自己破産

こんにちは、当サイトの管理人です。

 

今回は、自己破産をした男性の体験談をご紹介します。

 

銀行や消費者金融からの借金が400万を超え・・・

38歳、会社員、男性、福岡県福岡市在住です。

 

当時美容師として仕事をしており、ハサミや道具代などで借金をしていたのですが、気づいた時には銀行のキャッシュカードと勘違いするほど借金を繰り返し、いつの間にか金利のみを支払うようになってしまったのです。

 

借入先については、銀行のカードローンや消費者金融が6社ほど、バイクのローンも抱えており、全ての借金に金利が付いてくるという悪循環でした。

 

最終的には400万にも借金が膨れ上がり、月々最低支払額を8万も返済していました。

 

当時の年収も300万いくかいかないかだった為、最低支払額を支払ってはまた借りるという悪循環にも陥ってしまいました。

 

そうこうしているうちに、金利のみが膨れ上がってきて、とうとう生活ができなくなり、ネットを中心にどのようにしたらいいか調べていきましたが、やはりこの生活にも限界を感じ自己破産という手段を選択しました。

 

自己破産の方法や費用は・・・

手続きは一度弁護士事務所へ相談に行きそこで依頼をしました。

 

相談にいった弁護士事務所は、電話帳で調べたのですが受け答えも良く電話でも相談しやすかった為、そのまま依頼をしました。

 

また、もう一つの選んだ理由としては、成功報酬という形と分割が可能だった為、すぐに自己破産手続きに入ってもらえるという事も魅力の一つでした。

 

費用については全部で40万かかり、弁護士の先生と話合って決めた毎月1万円を約3年間にわたって分割で振り込むといいう形で3年かかりで支払いをしていきました。

 

自己破産の流れについては、借入をしている銀行やローン会社に弁護士の先生から委任状を送付し、今後の支払い義務についてをまずストップしていただきました。

 

その後、裁判所に自己破産の申請をしていただき、それから何か月か経った後、裁判所に出頭要請があり「免責」という形で自己破産が完了したのです。

 

自己破産を終えてから・・・

当時若かったとはいえ、自分が蒔いた種を刈り取れなかった事を今でも反省しています。

 

借金は悪い事ではないのですが、返すあてがなかったり計画的にローンを組めないのであれば借金するべきではありません。

 

免責決定してから7年はカードローンは組めませんでしたが、多少不自由な生活を強いられるだけで、クレジットカードがなくても充分生活はやっていけます。

 

借金についても昔みたいに法外な金利はなくなりつつありますが、手軽にクレジット払いやキャッシングができる世の中なので、まだまだ自己破産という魔物は身近におそってくるのではと恐怖を感じます。

 

しかし、今は2度目のチャンスをもらったと思い、決意を新たに毎日を過ごしている次第です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の体験談は以上になります。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧