過払い金とは、消費者金融やクレジットカード信販会社などの貸金業者が法定利息を大きく超えて取り続けていた利息を言います。

本来だと、利息制限法という法律により「最高でも20%以上の利息は取ってはいけない」と定められているのですが、多くの貸金業者は29.2%という高利で利息を取り続けていました。

なぜ、こんなことが可能だったかと言うと、利息を制限する法律が利息制限法とは別に出資法という法律があり、出資法では29.2%以下であれば法的な罰則が無かったため実質的に29.2%が上限利息となっていたからです。

なんだか、ややこしいですが、消費者金融やクレジットカードのローンのほとんどは、20%以上の利息で貸し付けを行っていた実態があり、払い過ぎた分については申し立てをすれば取り返せると言うことです。

過払い金返還請求とは?

過払い金返還請求とは、払い過ぎていた利息(過払い金)を返してもらうための申し立てを行うことをいいます。

頑張れば個人でも返還請求は出来ますが、弁護士や司法書士に依頼する人も非常に多いです。

というのも、過払い金を請求する手続きが面倒くさいと言うこともありますし、その方法を調べて、先方に連絡し、必要な書類を集め、請求を行い・・・などとしている時間を別の生産的な仕事にまわしたいという人が多いからです。

また、過払い金を請求できるのは最終取引日から10年を経過していないことが条件となります。なぜなら、不当利得返還請求権は10年で時効となるためです。

過払い金が発生するケース

長期間に渡って消費者金融やクレジットカード、カードローンの返済をしている人であれば、弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。

多重債務に苦しんでいる人が弁護士や司法書士に頼んで、債務整理をする際に過払い金に気が付くというケースも多いのです。

というのも、債務整理をする際に一番最初に行うのが利息制限法に基づく利息の引き直し計算(利息の再計算)のため、その際に過払い金の有無がはっきりと分かるためです。

本当に過払い金なんてあるの?

正直、驚くべきことですがテレビCMをしているような大手の貸金業者であっても利息制限法で定められた利息を大きく超えて貸し出しが続いていたのは事実です。

アコム・プロミス・アイフル・レイク・ニコス・オリコ・エポス・セゾンなどの大手や、中小の業者を含め、キャッシングしたことのある方は過払い金が発生している可能性が高いので調べてみるのも良いと思います。

他にも、すでに廃業してしまっている会社もありますので、弁護士や司法書士に相談するのが良いでしょう。

また、現在借金に困っている人だけではなく、過去に借りていて、すでに全額を返済した人であっても、過払い金がある場合は返還請求ができる場合があります。

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧

 

また、債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

【参考】債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら

おすすめ記事一覧

債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件の地域別一覧

過払い金請求のメリットとデメリット

過払い金請求は誰でもできるの?費用はどのくらい?