こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、自己破産をした女性の体験談をご紹介します。

クレジットカードのキャッシング機能を旅行代金などに使っていると・・・

現在34歳、女性、会社員、東京都北区在住です。

一番初めは社会人になったのを機にクレジットカードを作りました。ネットでショッピングする際に便利だったためです。

しばらく経ち、友人と会社の夏季休暇を使って海外旅行に行くことになりました。

貯金といえるものはあまりありませんでしたが、軽い気持ちでクレジットカードの枠でキャッシングをして旅行代金を支払いました。

しばらくすると、カード会社から、借入可能な枠が50万から100万に増えたとの通知が来ました。

自分の使えるお金が増えたような気持になってしまい、そのあとも少しまとまった休みがあるたびにキャッシングをして旅行に出かけるようになりました。

しかしそれを1年半ほど続ける内に、毎月の支払いが家計を圧迫するようになり、自分の収入では追いつかないくらいになってしまいました。

銀行系ローンを借りては返す状態になり・・・

やむを得ず銀行系のローン会社から借入をし返済をするようになってしまいましたが、一度始めた旅行の習慣をなかなかやめることが出来ず、旅行のためと返済のために借入を繰り返す日々でした。

ある日新たに借入を申し込んだところの審査に落ち借入が出来ず、ここで初めて、とても自分では返せないくらいの金額になっていることを自覚しました。

借りた先はクレジット会社と銀行系ローン会社です。そのほかに自動車ローンがありました。ディーラー系のローン会社です。

借金は350万ほどになっていました。毎月の支払いには18万円が必要でした。当時の年収は280万円です。

借金の整理の方法が具体的にはわかりませんでしたが、テレビCM等で債務整理についてよく目にするようになっていたので、すこしネットで調べ、多く案件を扱っていそうな弁護士のところに相談に行きました。

弁護士に債務整理の相談に行くと・・・

相談時に自己破産と任意整理について丁寧に説明を受け、費用についても折り合いがつきそうでしたので、その弁護士に依頼して自己破産をすることにしました。

弁護士費用は40万ほどでした。

依頼するとまずは弁護士が借入先に手紙を送ってくれ、その時点から支払いはしなくていいようになりました。

その代わりに弁護士費用を毎月分割で支払いました。

私の方は、自己破産を裁判所に申し立てするのに必要な書類があるとのことで、それを少しずつ集め、弁護士に提出しました。

5ヶ月たたないくらいで書類ができたとのことで裁判所に申し立てをし、私は弁護士と一緒に管財人の事務所に一度と、その2か月後くらいに裁判所に一度行きました。

裁判所への申し立ての結果は・・・

その後、破産が認められ、借金は免責されたとの報告を受けました。

初めは安易な考えで借入を起こし、最終的に自己破産するとは考えてもいませんでしたが、今から考えると、収入の範囲以上の贅沢をしようとした時点で間違いに気付くべきでした。

破産の手続き自体は、借入の経緯を整理して弁護士に話したり、普段目にしない書類の提出が必要だったり、平日に管財人と裁判所に行かないといけなかったりで少し大変でしたが、こうして免責をもらえたので、これからは気を引き締めて生活しようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、借金対策を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

地域別の借金対策の弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら