こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、自己破産した男性の体験談をご紹介します。

再婚相手が前妻のせいで自己破産し・・・

私は現在28歳の専業主婦です。鹿児島県薩摩川内市に住んでいます。

私の主人は昨年、自己破産をしました。元々、私たちは再婚同士でした。

主人は前妻に養育費を支払っており、また、前妻が滞納していた支払いもすべて主人がしていました。

主人は、前妻と婚姻関係がある時すべてお金の管理は前妻がしていたようでしたが、自宅の家賃三万円は二年間滞納し続けていたそうです。(個人から借りていたのでなにかしら理由をつけ滞納していたそうです。)

また、ガス代、水道代も滞納していたそうです。

そして、クレジットカードの支払いも出来なくなり、消費者金融からも主人に借りてもらいやりくりしていたみたいです。

決して主人の収入は悪くありません。 後に知ったのですが前妻は、パチンコにお金を使っていたそうです。そして、税金も10万円弱の滞納がありました。

結婚し、籍をいれてから私はその事を聞かされました。

自己破産までの経済状況は・・・

家賃60万円、ガス、水道あわせて20万円、税金10万円、クレジットカードのリボ払いの残高38万円、アコム50万円、アイフル80万円でした。そして、毎月の養育費6万円でした。

主人の年収は250万円、毎月の支払い額は養育費含め、14万円を越えていました。

私は主人と話しを何回もしました。このままでは生活出来ない事、そして、その時私は妊娠していたので私も働く事が出来ず債務整理か自己破産を考えようと主人に話しました。

私たちは、まず専門家に相談に行くことにしました。

ネットで弁護士がいいのか司法書士がいいのか調べ、妊娠していることや様々な理由で自宅から近い司法書士に相談することにしました。

司法書士に債務整理を相談すると・・・

主人と二人で出向き、相談しました。司法書士の方は、債務整理をしても養育費を含めたら、毎月の出費は増えてしまうという見解でした。

また、税金は自己破産の対象にはならないので養育費と税金を毎月支払っていかないといけないので自己破産の方がいいという見解でした。

私たちは、そのまま自己破産を依頼することにしました。

司法書士に頼む費用は18万円だったのですが法テラスを使い月々一万円の返済で依頼可能でした。

司法書士の方は、とても話しやすく親身になってくれ依頼してよかったな。と感じる事のできる方でした。

自己破産の手続きは・・・

依頼してからは、司法書士の方に言われた書類を集め、すぐに自己破産の申請をしました。

主人は一度裁判所に行き30分ほど面談をし、依頼してから数ヶ月後には自己破産の免責がおりました。

自己破産は、いい事ではないと思います。ですが、やむ終えない場合は仕方がないと思います。

その後、私たちは、すべて現金生活を送っています。

二度とお金のトラブルをおこさない事が償いだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、自己破産や債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

地域別の弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら