こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、旦那さんのお母さんが自己破産した方の体験談をご紹介します。

主人の母が自己破産した話

私は、現在28歳の専業主婦です。 鹿児島県鹿児島市に在住しています。

私の主人の母は、今年自己破産をしました。主人の母は、今年63歳になります。

結婚当時は、とてもいいお姑さんで優しく子供の誕生日、クリスマスなどもプレゼントもかかさずくれていました。

主人は、元々自分の母親の事が嫌いで疎遠になっており孫が産まれた事でかかわるようになっていました。

付き合いが長くなっていくと段々と主人の母の本性が見えてくるようになりました。

主人の母の本性は・・・

毎月月末になると決まって電話がきます。そして、お金を貸してくれと言う催促です。

主人は絶対に貸すな。といいますが、私に言ってくるのでそうも出来ません。

主人の母はギャンブル依存症でした。昼間は、毎日パチンコ三昧です。

自宅は、借家だったのですが家賃も滞納し、光熱費も遅れ遅れになっており、税金もかなり滞納していたみたいです。

主人は、そんな母親の姿を小さい時から見ていたのでかかわりたくなかったのです。

パチンコの借金が借金不能になり・・・

主人の父は10年前に亡くなっておりその保険金もすべてパチンコに消えていたようでした。

また、その他にもパチンコの資金や生活費の足しにとアコムから80万円、プロミスから90万円借りており、友人の車の保証人にもなっていたみたいです。

この事が明るみになったのは、その保証人になっている友人が失踪した事で母にすべての支払い義務がうつり、120万円の請求がきたことがきっかけでした。

最終的にすべて合わせて、290万円の借金の額でした。

そして、主人にどうにかしてくれと泣きついて来たのです。

もちろん私たちにこんな金額払えるわけもなくどうしようも出来ませんでした。

主人は母に自己破産するしかない。と伝えました。

自己破産を弁護士に相談すると・・・

それから主人と姑は二人で市がしている相談に行き、弁護士を紹介してもらいました。

弁護士費用は約30万円でしたが、低所得者向けの法テラスを利用し月一万円ずつの返済で依頼することが出来ました。

それからは、本当にすべてが早く進み弁護士さんに言われた書類を集め提出し3ヶ月程で自己破産の免責がおりました。

主人の母は、弁護士さんにもギャンブル依存症の怖さなどを教えてもらい、病院にも通っています。

それからは、仕事をしながら時間のあるときは、私たちの家にきて孫と過ごしています。

今は自己破産したばかりでパチンコに行っていないので安心ですが、これから先いつまたパチンコに行き出すか分かりません。

私たちが出来る限りのサポートをしていきたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、自己破産を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

地域別の弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら