MENU

債務整理とブラックリストについて

 

債務整理と言えばブラックリストという言葉を多くの方が連想されると思います。

 

現在では、ブラックリストというものは存在せず、信用情報機関に情報が登録される事を意味するという認識は広まりました。

 

では、登録される事のデメリットを見ていきたいです。

 

まず、ブラックリストに登録されると、住宅ローンや高額ローン、キャッシングの借入審査を申し込んでも受け付けられないでしょう。

 

これに関連してクレジットカードの審査も通過しないでしょう。もっとも現在はクレジットカードと同じように使えるデビットカードがありますのでその点は朗報だと思います。

 

(デビットカードを使って決済すると、その金額が即銀行口座から引き落とされます。つまり借り入れではないので審査に落ちることはほとんどありません)

 

このように見ると、

 

「お金が借りれなくなって不便だけど、家や車も買えないし、ショッピングをクレジットカードを利用して楽しめる程の給料もないから自分には関係ないかなあ。」

 

と思いますが、一つだけお忘れにならずに気をつけて頂きたいことがあります。

スマートフォンも一括払い

もう経験された方はピンとこられたと思いますし、恥ずかしくて嫌な思いをされたでしょう。

 

想像つきますか?

 

それは、「携帯端末の乗り換え、新規、機種変更等の場面」で起こります。

 

実質ゼロ円、月の支払いは数百円で契約できますという事で支払に問題ないと契約する時に割賦販売法に基づく契約書があれば、要注意です。

 

割賦、つまり分割払いの際に先程の話にも出た信用情報機関の登録を確かめる場合が大多数です。

 

そして、割賦販売の審査が下りない場合は、なんと一括払いで購入となります。

 

しかも、スマートフォンでしたら8万円程一括で支払うケースとなるでしょう。

 

こういう場面で財布に30万円程いれており「以前に派手な生活をしまして。」とか言いながらお金を払える場合はまだしも、手元にお金が無ければ辛い思いをしながら帰宅することになるのです。

 

場合によっては審査が通過する場合もありますが、自分自身が当てはまると考えない方が得策だとは思います。

 

当然ですが、電話料金を滞納して何年もほったらかしにしていた場合は電話番号さえ与えてもらえないケースが多いですので、電話料金の滞納はほっておかない様にしましょう。

 

この割賦契約については、携帯端末についてが最も注意すべきと思いますが、他にも金利手数料無料をセールストークにした通信販売等にも利用されていますので、注意してご確認下さい。

 

このように見てきますと、債務整理後にはちょっとした現金を保持していないと買い物がなかなか出来ないものがあります。

 

可能であれば債務整理前に少しでも貯金したり、割賦契約を利用した方が(踏み倒すという意味ではなく、債務整理後も今まで通り支払う事が前提です)良いと思います。

 

借金を返済したいけど不安がある場合には?

何と言っても、弁護士や司法書士に相談すること。

特に、債務整理を専門に扱っている法律事務所であればノウハウも多いだけでなく、相談料も無料です。

 

しかも、全国対応のところもありますので、一度利用してみることをおすすめします。

 

当サイトではお勧めの事務所をいくつか掲載していますので参考にしてみて下さい。

関連ページ

債務整理とは?
債務整理の費用と料金
債務とは?
債務整理の相談はどうすればいい?
債務整理なら法律事務所に頼むべき?
債務相談のメリット・デメリット
債務処理とは何か?
債務整理後のローンについて
債務整理で借金返済が楽になる理由
債務(借金)の時効は?
債務整理と過払い金の返還請求は違う?
債務整理の口コミと評判の高い法律事務所
債務整理とクレジットカード
債務整理後の融資や借金など借り入れについて
債務整理の方法と意味について
消費者金融への債務返済ついて
任意債務整理とは?
債務整理は安い所に依頼しても大丈夫?
債務整理と時効について
債務超過とは?
保証債務がある方が気をつけること
債務整理の影響について
会社も債務整理できるの?
法テラスとは何か?
債務整理の時に保証人に与える影響
債務の圧縮を自分でするには?
債務整理相談センターとは?
連帯債務者とは?保証人と違うの?
法律事務所に債務整理を依頼する場合の流れ
債務不履行とは?
自分で行う債務整理中に気をつけること
不動産における負債整理について
どのような弁護士事務所に債務整理を頼むべきか?
債務免除をする際の書式とは?
個人で債務整理をする場合の注意点
債務保証について
債務名義について
金銭債務について
債務名義の時効について
債務不履行の責任について