多額の債務(借金)を抱えてしまった人にとって債務整理は必須の手段だと思いますが、意外と知られていないのは債務には時効があると言うことです。

時効があると聞くと、犯罪者が時効まで逃げ延びればセーフというイメージがあるのですが、債務(借金)の場合にも時効があります。。

まずは債務(借金)の時効についての仕組みを紹介して行きましょう。

普通は、債務の支払いが遅れると督促が来たり取り立てにあったりしますが、引っ越しや夜逃げをすると返済の催促が止まることがあります(居場所が分からなくなるため)。

この返済の催促が止まっている期間が、一定年数以上あるときに債務の時効が成立します。

そのため、借金を返すことを拒否し続けても時効は成立しません。あくまでも、催促が止まっている期間が無ければならないのです。

債務の時効に関する条件

債務(借金)の時効というのは、正確に言うと借金が消えると言うよりも、債権者が持っている「お金を返せ」という請求権が消滅することを指していて、「消滅時効」と言われます。

この消滅時効が成立するためには、先ほども言った通り債権者が一定期間、債務返済の請求をしないことが条件となります。

一定期間とは具体的に言うと、次のようになっています。

  1. サラ金・信販・銀行・勤め先の会社などからの借り入れは5年
  2. 友人・知人・親などからの借り入れは10年

 

しかし、「時効の中断事由」と呼ばれる3つの事由がある場合には、この時効は成立しません。

  • 債権者から「請求」された場合
  • 差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分をされた場合
  • 債務者が「債務を承認」した場合

 

債務の時効期間経過後に、債権者から「あなたは5年前にお金を借りましたよね」と聞かれて「はい借りました」と言うことが債務の承認にあたります。

なお、時効が成立するためには時間経過だけではなく、内容証明を債権者に送らなければなりません。この書類が相手(債権者)に届いて初めて時効が成立します。

この書類を送ることを時効の援用と言います。普通この書類を作るときは司法書士などの法律家に依頼することがほとんどです。

債務の時効を考える前に相談しよう

ここまで見ていただくとお分かりかとは思いますが、債務(借金)の時効と言うのは単に支払いを拒否していれば成立すると言うような甘いものではありません。

当然、債権者側も債権回収のプロで時効の仕組みは良く理解していますから、素人の知識で対抗しようとしても返り討ちに合うのが関の山です。

多額の債務を抱えてしまっている人であれば、債務整理の専門家である弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

相談無料のところも多く、電話相談やメール相談にも応じてくれます。

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧

 

また、債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら

関連記事

債務整理を検討している場合に必要な情報をまとめてあります。
どの記事も数分で読めますので、気になるものからお読みください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件の地域別一覧

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!

債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!

債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!

債務整理のメリットは?

債務整理のデメリットは?

債務整理は家族や会社にバレる?

債務整理の家族への影響は?

債務整理の時に保証人に与える影響は?

債務整理での弁護士と司法書士の違いは?

債務整理してもマンションやアパートは借りられる?

住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?

債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?

債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?

債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?

借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!

借金の債務整理はフリーターでもできる?

パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?

株取引やFXの借金は債務整理できる?

債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?

債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?

債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?

[債務整理の記事の続き]