債務整理のデメリットとして、新たな借入ができないことはよく知られていますね。

同様に、クレジットカードを新しく作ることもできなくなってしまいます。

しかし、今の世の中、クレジットカード払いが普及しており、これが使えないとなると不便を感じる人も多いのではないでしょうか?

ところで、クレジットカードと似たようなアイテムとして、「VISAデビットカード」というものがあります。

これがあれば、現金が手元にない時でも買い物をしたり、通販での支払いにも大変便利なのですが、こちらも債務整理をすることによって、利用できなくなってしまうのでしょうか?

実は、債務整理をしてもVISAデビッドカードを使うことができます。クレジットカードとは決済方法に大きな違いがあるからです。

今回は、債務整理をしてもVISAデビッドカードが使えるのかどうか、その機能も合わせて解説していきます。

VISAデビッドカードとは?

VISAデビッドカードは、VISA加盟店で、現金なしでショッピングをすることができる便利なカードです。

それってクレジットカードと同じでは?思いますが、クレジットカードとは大きな違いがあります。

それは、決済方法が「即時決済」であるところです。

クレジットカードは、基本的に「一定期間の間に購入したものの代金を次の支払日にまとめて支払う」ようになっていますね。

支払日はその翌月、または翌々月となっており、言ってみればツケのような形、後払いなのですね。

ところがVISAデビッドカードは、今購入したものは今、この時点で銀行の引き落とし口座から引き落とされます。即日決済型クレジットカードのようなイメージです。

そして国際ブランドVISAが搭載されることにより、その加盟店なら世界中どこでも使用することができるのです。

クレジットカードとの違いは?

それでは、クレジットカードとデビッドカードの違いを詳しく見ていきましょう。

先ほども触れましたが、まず一番大きな違いは、その決済方法にあります。

クレジットカードは買い物をするとその代金は後払いです。

一定期間内に購入したものの代金を、すべてまとめて次の支払日に支払うという形です。

一回払い以外にも、分割払い、リボ払いなどがあり、大きな買い物をしたときには特にその効力を発揮します。

デビッドカードの場合は、即日決済方式です。

デビッドカードで買い物をすると、その時点で銀行の引き落とし口座から代金が引き落とされます。もしも、引き落とし口座に十分な残高が残っていなければ、買い物をすることができません。支払い方法も一回払いのみです。

カードを使っての支払いですが実際は現金払いとほぼ同じ状態です。クレジットカードとは異なり、ツケがたまっていくことがないのです。

なぜ、債務整理をしてもデビッドカードを使うことができるのか?

ここで本題です。

債務整理をすると、新規にクレジットカードを作ることはできなくなってしまいますね。

もともと手元にあったクレジットカードも、いずれは使用できなくなります。

ところが、VISAデビッドカードについては、なんと債務整理をしても引き続き使用することができてしまうのです。

なぜでしょうか?

VISデビットカードは、買い物をすると即日決済となり、引き落とし口座に十分な残高がなければ、買い物をすることができないとお話ししました。

言い換えれば、自分の持っているお金の範囲内でしか買い物をすることができないということで、この点では、きわめて現金払いと近い支払い方法ということがわかりますね。

クレジットカードのように後日支払うべき代金、いうなれば「ツケ」がたまることがないのが大きなポイントです。

仮に顧客がいくらカードを使って買い物をしたところで、全ては顧客自身の銀行口座からすぐ支払われるため、VISAデビッドカードの発行元金融機関にかかる損失は発生しないのです。

このようなことから、VISAデビッドカードの発行には、「審査」がありません。

口座にある資金を上限とした利用となるため破たんの心配がないことから、金融機関としてはその人の信用力を問う必要がないのです。

審査がない、つまり個人信用情報(ブラックリスト)の照会を行うことがないので、債務整理をしている人でも問題なく作ることができます。

そして、すでに持っているVISAデビッドカードも、債務整理をしたからといって使えなくなるということはありません。

VISAデビッドカードのメリット

VISAデビッドカードには、様々なメリットがあります。

国際ブランドVISAが搭載されたデビッドカードということで、国内でも加盟店は大変多く、また世界200カ国の加盟店でも利用することができるという魅力があります。

15歳以上(中学生を除く)であれば、だれでも発行することができ、発行時の個人信用情報の審査は必要ありません。

高校生や大学生など、クレジットカードを持たせるのはまだまだ心配という場合でも、デビッドカードなら安心といって持たせる親御さんも多いようです。

やはり、自己資金内の買い物に制限されており、使いすぎる心配がないことが大きな理由でしょう。

最近では、通信販売が普及しており、クレジットカードがないと支払いに困るということもありますが、このVISAデビッドカードがあれば、クレジットカードと同じような使い方をすることができます。

また、ポイントやキャッシュバック、ショッピング保険付きで不正利用も保障されるなど、クレジットカード並みの特典が付帯されています。

VISAデビットカードの発行元は、クレジットカード会社ではなく銀行です。銀行口座に直結しており、銀行によっては、銀行のキャッシュカードと一体型のタイプも発行しています。

まとめ

債務整理をしてもVISAデビッドカードを新規発行したり、継続して利用することが可能ということがお分かりになったかと思います。

VISAデビッドカードは、現金払いに極力近い清算方法であり、ツケがたまっていく心配がありません。自分のもっているお金の範囲内だけでしか、買い物をすることができないからです。

このようなことから、新規発行時の審査は必要なく、債務整理をしていても発行することができるのです。

クレジットカードの便利さと、現金払いの堅実さの両方を持ち合わせたVISAデビットカードは、まさに、債務整理をした人にぴったりのカードといえるのではないでしょうか。

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧

 

また、債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら

関連記事

債務整理を検討している場合に必要な情報をまとめてあります。
どの記事も数分で読めますので、気になるものからお読みください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件の地域別一覧

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!

債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!

債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!

債務整理のメリットは?

債務整理のデメリットは?

債務整理は家族や会社にバレる?

債務整理の家族への影響は?

債務整理の時に保証人に与える影響は?

債務整理での弁護士と司法書士の違いは?

債務整理してもマンションやアパートは借りられる?

住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?

債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?

債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?

債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?

借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!

借金の債務整理はフリーターでもできる?

パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?

株取引やFXの借金は債務整理できる?

債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?

債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?

債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?

[債務整理の記事の続き]