債務整理を頼む際、多くの方がインターネットで依頼を受け付けている弁護士や司法書士の法律事務所を探していると思いますが、やはり依頼料金が異なっている部分は気になると思います。

そこで、債務整理を受け付けている法律事務所側の視点に立って考えていきたいと思います。

現在、法律事務所運営の方法としては、個人あるいは少人数で法律相談、訴訟全般を受け付けている事務所、債務整理を専門としている個人あるいは少人数の事務所、債務整理を専門としている大規模の事務所に分かれています。

もちろん他にもM&A専門、特許訴訟専門、医療訴訟専門、交通事故専門等の事務所もありますが、今回の債務整理とは無関係ですので省きます。

話は戻りますが、先程あげた事務所で最も経費がかかるのが債務整理を専門としている大規模事務所ということは既にお分かりと思います。

全国各地の事務所維持費、オペレーターの人件費、弁護士の人件費等の費用を賄うためには積極的に依頼を受け付けなければなりません。

さらに、他の大規模事務所も同じ状況ですから競争に勝たなければいけません。

そうなると、当然価格競争にも突入します。

このような事が起きると、今度は個人あるいは小規模の事務所の依頼料金が高額に思えてしまい、大規模事務所が安く感じる結果となり依頼者は、「安いけど大丈夫かな?」という事になると思います。

しかし、実際には大規模事務所でかつ安いところは、競争にさらされているため、サービスも良く、債務整理の仕事を数多くこなしているのでノウハウも豊富なのです。

このように見ると、安い料金の事務所=良くないという考えは頭から外したが良いということがわかります。

ですので、ホームページ等で感じがよく料金が安い事務所に電話をしてみるのも良い選択であると思います。

安い債務整理のデメリット

ただし、気をつけなければならない点もあります。

それは、遠距離の事務所に依頼する場合は弁護士と直接会って話す事は無きに等しいことです(地方等に出張無料相談で来た場合にタイミングよく会えるケースもあります)。

ご自身が依頼をする際は慎重に法律事務所や弁護士を選びたいという人は少々依頼料金が上がっても地元で直接面談する法律事務所を選んでも良いかもしれません。

ただし、弁護士や司法書士というのは、扱える業務の分野が幅広い、専門分野以外は知識が少ないケースもあります。依頼する弁護士や司法書士は、債務整理の知識や経験の豊富さを基準に選ぶべきですから、場合によっては必要以上に地元にこだわらず大都市の事務所に依頼することをおすすめします。

料金の注意点

最後に依頼料金でここは確実に検討して頂きたい部分があります。

それは、「分割払いに対応してもらえるかどうかどうか」という点です。

一括払いが余裕で出来るという方は無関係ですが、ギリギリお金をかき集めれば支払いできるというケースは分割払いが出来る法律事務所を選ぶという選択肢を考慮すべきです。

少しでも手元に現金をもって債務整理に取り組んだ方が、手元の有り金を全部使ってしまい、どこかから借入しなければならなくなるというケースを避ける効果的な方法と思いますので、是非とも分割払いについても検討してください。

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧

 

また、債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら

関連記事

債務整理を検討している場合に必要な情報をまとめてあります。
どの記事も数分で読めますので、気になるものからお読みください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件の地域別一覧

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!

債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!

債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!

債務整理のメリットは?

債務整理のデメリットは?

債務整理は家族や会社にバレる?

債務整理の家族への影響は?

債務整理の時に保証人に与える影響は?

債務整理での弁護士と司法書士の違いは?

債務整理してもマンションやアパートは借りられる?

住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?

債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?

債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?

債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?

借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!

借金の債務整理はフリーターでもできる?

パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?

株取引やFXの借金は債務整理できる?

債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?

債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?

債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?

[債務整理の記事の続き]