新聞やニュースなどで良く耳にする債務超過という言葉。まずは、その意味について解説をしていきます。

債務超過とは、簡単に言ってしまうと資産より負債が多いことを指します。

たとえば、ある会社に現金や株などの資産が1000万円分あったとします。このときに、借り入れや支払手形などの債務が1000万円以上あった場合債務超過となります。

一般的に、債務超過と言った場合には、企業の負債が資産を超えたことを意味しますが、個人であっても預貯金や不動産などの資産を、借金などの負債が超えてしまえば債務超過と言います。

債務超過したら倒産するとは限らない

債務超過と聞くと、企業であれば倒産、個人であれば破産と同じ意味で使われがちですが、決して同じものではありません。

たとえば、私たち個人に当てはめればお給料などの収入よりも借金の返済がはるかに多く、とても利息を支払えないという状況であれば破産と言えますが、大きなローンを組んだために貯金よりも借金が多い状態であれば破産とは言いませんよね。

つまり、債務超過イコール倒産とは言えないのです。

ちなみに、個人の負債は基本的に現金の借入が中心ですが、企業の場合は現金の借入だけが負債というケースはほとんどありません。

そのため、ひとことで資産や負債と言っても企業と個人では指しているものが異なることがあります。

簡単に言うと、会社の場合は現金以外のものも資産や負債と呼び、その構成比率が現金よりも多いと考えてください。

たとえば、資産は現金だけではなく、例えば掛けで売った(将来現金をもらえる債権)や受取手形(将来銀行に行けば現金を支払ってもらえます。)、会社の自動車、機械等は資産と考えられ、何らかの決められた基準で数字となります。

ですので、資産が2000万円あったとしても、現金は1900万円でその他が100万円という場合もあれば、現金が100万円でその他が1900万円という場合もあります。

負債も現金だけでなく、買掛(将来現金を支払う約束)、支払い手形(将来銀行から債権者に現金が支払われます。)等あります。

そのため、債務超過の場合も現金が企業に残っていれば会社は数ヶ月は運営が可能なケースもあり、その数ヶ月の間に不動産等の売却や何らかの特許を売却して財務状態を立て直す可能性もあるのです。

たまに、書籍などで「倒産の危機から大成功した」という伝説のような話が紹介されていますが、このようなケースなのです。

ただし、伝説のような起死回生運営を行えば以前のように運営は出来るでしょうが、どうにか危機を脱した程度では以前のように運営できるかといえば実際はその可能性は低くなります。

なぜなら、債務超過を起こしてしまうと、銀行等の金融機関が貸付をしなくなる可能性が出てきます。

企業というのは売上に変動がありますので、それまでは融資を受けて運営できた事が出来なくなるというのは会社にとって非常事態ですので現実的には債務超過は倒産を招く大きな要因という事は言えるでしょう。

個人や企業が債務超過になったら?

もし個人や企業が債務超過に陥ったらどうするべきでしょうか?

上記で紹介したような劇的な復活ということもあり得ますが、やはり現実的に対応すべきでしょう。

その第一歩は、弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行うことがベストです。

債務整理とは簡単に言ってしまうと、借金などの負債を返済しやすいように整理し直すことを言い、主に弁護士や司法書士が法的に解決してくれるものを指します。

最近では、不景気のために債務超過になってしまう個人、企業が多いため、債務整理を専門で扱っている弁護士や司法書士も多く、相談料は無料というところも少なくありません。

現実的な解決方法を提示してもらえるので利用しない手はありません。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧

 

また、債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら

関連記事

債務整理を検討している場合に必要な情報をまとめてあります。
どの記事も数分で読めますので、気になるものからお読みください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件の地域別一覧

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!

債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!

債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!

債務整理のメリットは?

債務整理のデメリットは?

債務整理は家族や会社にバレる?

債務整理の家族への影響は?

債務整理の時に保証人に与える影響は?

債務整理での弁護士と司法書士の違いは?

債務整理してもマンションやアパートは借りられる?

住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?

債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?

債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?

債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?

借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!

借金の債務整理はフリーターでもできる?

パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?

株取引やFXの借金は債務整理できる?

債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?

債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?

債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?

[債務整理の記事の続き]