こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、自己破産した女性の体験談をご紹介します。

不運が重なり自己破産・・・

私は33歳女で熊本市に住んでおります。現在はパートです。

自己破産をしたのは23歳のときです。高卒で入社し2年が経った頃に、エステに興味を持ち技術も学んでみたいと思った私は、小さなスクールに通い始めました。

仕事は続けたままで、休みの日やアフターファイブを使ってレッスンを受けることができ、先生も気さくだった為楽しく通っていました。

レッスンを進めていくうちに、開業の話が出てきました。ちょうど上司や職場に嫌気がさしていた頃だったので、開業して食べていけるなら仕事を辞めれるかも!っと思い軽い気持ちで開業に興味がある旨を先生へお伝えしました。

その次のレッスン日には、レッスンではなく、そのスクールの社長と部下の男女が来ていて、その2人から開業の説明を受けました。話にどんどんのせられた私は、なんの迷いもなく開業することを決めました。

エステ開業のために借金、さらに親の会社が・・・

その次のレッスンも、レッスンではなく開業のノウハウを教えられ、開業に必要なベッドや器材に化粧品を用意する為のローン会社への契約をしました。合計3社ほどと契約をし、総額200万くらいだったと思います。

当時は車のローンと、その前にエステで買った化粧品の80万くらいのローンもあったため当時のお給料手取り16万のほとんどをローンの返済にもっていかれてました。

それでも自営業の実家に住んでいた為、生活に困ることはなかったので心配はしておりませんでした。

ただ自営業も厳しくなってきていたようで、ちょうどその頃から親に保証人になってもらえるようお願いされ2社ほど保証人になっていました。

それから数ヶ月後、親の会社が倒産。親は私の会社の上司にも保証人になってもらっていたため、上司にも返済義務が発生し、私は職場に居られなくなり退職することとなり、もう返済は不可能になりました。

司法書士に依頼して自己破産へ・・・

すぐにスナックのホステスを始めたところで司法書士さんに出会い自己破産の手続きをお願いしました。

まさか自分が20代前半で自己破産をすることになるとは思ってもおりませんでしたが、もうそれにすがるしかありませんでした。

司法書士さんにお願いして数日で返済の催促がピタっと止まりました。直ぐにローン会社へ通知を出してくださったようです。

ただ自己破産をするには問題もありました。母子家庭だったので母が私の高校入学のときに貸付の制度を市から利用しており、その返済も終わっていなかったのですが、母は倒産に伴い直ぐに自己破産をし、返済義務は私になっていました。

私まで自己破産をすると保証人になっている母の兄に返済義務が移ってしまいます。

司法書士さんは親戚間のことも考え、教育の貸付だけは自己破産の対象から外した方がいいと提案されました。

ただ私はすでに自己破産が成立した気持ちでいたため、また返済生活に戻るのは少ない額とはいえ嫌だったので、そこで司法書士さんと意見が対立し、結局自分で自己破産の手続きをすることにしました。

先に司法書士さんに払っていた10万くらいは翌日には返してもらいました。

自分での自己破産手続き

あらかじめ司法書士さんに、どこのローン会社からいくら借りたや、自己破産する経緯などを書いていたし、ローン会社の明細書もそろっていたので裁判所への提出にはそれほど時間はかかりませんでした。

裁判所で受付をし、面談がありました。大学卒業したてぐらいの若い裁判官のような服を着た人に色々言われますが、そこは自己破産を成立させるための我慢です。数分で面談は終わりました。

その後裁判所から自己破産成立した旨の通知がきて自己破産は終了です。

自己破産後のこと

自己破産をしたことで結局親戚との縁は切れました。自己破産の最終の総額は500万円くらいだったと思います。

今思うともっと違う方法や、死にものぐるいで働いて楽を選ばなければ、自己破産までしなくてもよかった額かなぁとは思うこともありますが、当時の私はいっぱいいっぱいで冷静な判断はできなくなっていました。

自己破産から10年経ちました。その間ローンはしませんでした。いや、出来ませんでした。

が、あの借金を自己破産したことで、なんとか生活してこれました。もう二度と大きなローンはしたくないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら