こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、任意整理をした男性の体験談をご紹介します。

借金が増えた経緯は・・・

年齢:45歳、性別:男性、職業:清掃業、住居地:大分県別府市在住です。

借り先はアコム、アイフル、プロミス(消費者金融)でした。

当時、若かった事もあり色々な趣味に手を出しており、魚釣りや自作PC制作などこだわりが強い性格でしたので一つの物では満足出来ず、コレクションの様に釣り竿やリール、ルアー、更には自作ルアーを制作するための塗料やエアガンと道具にまでこだわっておりました。

まだ消費者金融の利息が高い時代でしたのでリスクは高かったのですが、簡単にカードを作成出来て物品購入が出来るという魅力に取り付かれ、気が付けば3社から借入する事になってしまいました。

一社につき限度額50万円で最終的には3社合計150万円の負債を背負いました。

返済に追われる日々が始まり・・・

その時の収入は年収で190万円程度で、一人暮らしの借家住まいでしたので毎月のクレジット支払いは厳しかったです。

3社合わせて月5万円の返済でしたが、金銭管理能力に欠けていた私は遊ぶ事に散財を続け支払いは自転車操業状態でした。

返済しても返済しても、利子に吸い取られてしまい、一社あたりの元本返済額は月5千円程度で返済額がなかなか減りませんでしたが、返済した分を引き出して遊興費に回してました。全くのダメ人間です。

働く事より遊ぶ事に集中していた私は、会社での人間関係につまづき無鉄砲ながら嫌気がさして会社を辞めてしましました。

次の仕事は直ぐに決まるだろうと、簡単に考えていましたが丁度派遣切りが行われ出した時期で、派遣社員にはなりたくないといった意味の無いプライドから再就職する事が出来ずに行き詰ってしまいました。

再就職に失敗して、任意整理へ・・・

本当に安易な考えの甘さでしたが、任意整理という形で弁護士に助けを求めると直ぐに相談に乗ってもらえました。

弁護士の事務所へ行き必要書類への記載を終えると裁判の日程が決まるまで待機するだけで、別にこれと言って責められる事もありませんでした。

裁判の日程が決まり、当日裁判所へ行くと担当の弁護士同行の元、裁判の場へと向かいました。

裁判を行う部屋?には私と同じく任意整理、自己破産を行う方が多数おり、その中には若い女性や高齢の気品の漂う様な方もおられ、「こんな人が?」と疑問に思ったことを覚えてます。

決裁では二度とこのような事をしない事を誓うだけで、早々に事は済みました。

余りに簡易的過ぎて唖然としましたが、その後に担当弁護士事務所へ手数料を支払い完結となりました。

弁護士に相談するまでは、焦りと不安でいっぱいでしたが相談後は急ピッチで事が進み安心しました。

以後、このような事の無いよう毎月少額でも貯蓄へ回し、二度と同じ過ちを繰り返さない様に地に足を付けた生活を心がけてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

地域別の弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら