こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、ゲームアプリで作った借金で任意整理した女性の体験談をご紹介します。

任意整理のきっかけは・・・

半年前に任意整理を行いました。26歳、会社員の女性です。神奈川県横浜市に住んでいます。

借金の原因はスマートフォンアプリのゲームに課金をしたためです。

最初は課金せずにプレイしていましたが、1度どうしても欲しいアイテムがあり、クレジットカード決済で課金をしました。

その時は千円の課金を悩みに悩んで、今回だけ、とボタンを押しました。

データ上あっさりされる決済に、「こんなものか」と、いたく簡単な事に悩んだものだと思った記憶があります。

それから程なくして、今回だけ、だったはずが月に一度までなら、月に一万円まで、三万、五万……とタガが外れ、最後には欲しいものは当たるまで買う、という状態でした。

課金を重ねてゲーム内では他のプレイヤーに負けることもなくなり、ある種の優越感のようなものすらあり、課金を辞めることは全く考えられませんでした。

しかし、その頃には、月末のクレジットカードの請求額を見て冷や汗をかく回数も増えました。

だんだん返済が苦しくなり・・・

一括払いできなくなったのでリボ払いに変更しました。

そして、クレジットカードの限度額が埋まった頃、消費者金融や銀行のカードローンと契約したり、新たなクレジットカードを発行したりしました。

最終的には銀行カードローン三社、クレジットカード四社、消費者金融一社の計八社から280万円もの借金を背負っていました。

私の年収は360万円であり、月の返済は八万円でしたが半分は利息に消え、返済後また借入をして……と自転車操業になり、半年前全てのカードが限度額を迎え、債務整理を行いました。

返済ができない以上一刻も早く債務整理をしなくては、と思い、自分ではできそうになかったので司法書士の方にお願いをしました。

司法書士への相談は・・・

返済できない借金の相談をする事が恥ずかしく、インターネット上の匿名相談をして、回答してくださった司法書士の方とそのまま契約した形でした。

借入件数が八社と多かったので、司法書士への報酬は合計28万円程を分割払いで支払いました。

後から調べてみると相場より料金は高めなようでしたが、自宅から近く、優しく対応していただけたので満足しています。

私は任意整理を行いましたが、これは同居の両親に債務整理を知られたくなかったためです。

任意整理の流れは・・・

任意整理の流れは、まず自身の毎月の収入と支出を書き出し、返済にあてられる金額を司法書士の方とお話ししました。

その後債務状況をお伝えし、任意整理は整理対象を選べるので、どの契約を整理するのか相談しながら考えていただきました。

その後全てのカードをお渡しし、司法書士の方が和解契約を各社としてくださった後、和解書をメールで送っていただき各社への支払いが始まります。

和解書を郵送していただくこともできましたが、家族に見られたくないのでメールにしていただきました。

またそれ以前のやりとりについても、私の事情を大切にしてもらえ、契約の際に事務所へ伺った以外の連絡はメールのみでした。

任意整理の和解条件は・・・

通常、任意整理では三年で返済計画を立てるそうですが、私の場合は年収に対し債務額が大きいので、六年返済の企業もありました。

依頼した弁護士・司法書士の方によっては返済先をまとめてくれるサービスもあるそうですが、私はそれぞれの債務先に自身で振り込み返済をしています。

また、私は借金を作った期間が短いので過払金は当然なく、280万円の利息をカットしていただいた和解になりました。

任意整理して感じたのは・・・

今になって思えば、自転車操業をする前に、カードを何枚も作る前に、債務整理をするべきだったと後悔すると同時に、毎月の返済に怯えなくてもよくなったという安心感でいっぱいです。

今後数年先まではクレジットカードが持てなくなったので、これを機に堅実な現金主義の生活を取り戻したいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士5,200件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

地域別の弁護士・司法書士一覧

 

債務整理の口コミや、評判の高い法律事務所についても紹介しています。

債務整理の口コミと評判の高い法律事務所

借金減額シュミレーター 

借金減額シュミレーター

あなたの借金がどれだけ減らせるか知りたい場合は、簡単入力のシュミレーターが便利です。

「借金相談Cafe」というサイトで匿名・完全無料で利用できます。

> 借金相談Cafeはこちら